iPhone(スマホ)の画像ではダメですか?

 

 

ハンドメイド・フラワー・アートの方にとって、

画像は最大の武器であり、最大のマイナス点でもあります。

 

撮影レッスンも開催しておりますが、

必ず問合せがあるのは「iPhone(スマホ)ではダメですか?」というもの。

 

これは、使い分けたらいいと思っております。

 

では、どんなふうに使い分けたらいいの?ということをお話ししましょう。

 

 

iPhone(スマホ)画像で大丈夫なケース

 

 

たとえば、facebookやTwitterなど、

画像イメージへの比重よりもアップの数を増やして投稿した方がいい場合は、

iPhoneやスマホで撮影して、

そのまま手軽にアプリで編集し、サクッと気軽にアップする。

 

そうすることで、面倒なPC作業なしで

遊び感覚でアップできます。

 

これは、軽い告知やご紹介では有効だと思います。

 

iPhoneやスマホの画像は、

そのままiPhoneやスマホで作業できるものであれば、

とても気軽にアップできますので、

SNSでの発信への負担が減ります。

 

苦手意識がある人は、そういった特徴を活用して

楽しみながら、あなたの活動や作品をアップしていってください。

 

 

iPhone(スマホ)画像の注意点

 

 

iPhone(スマホ)画像の注意点で、必ず覚えていて欲しい点ですが…

 

iPhoneやスマホで撮影し、

携帯の中に保存しているもの、アプリで編集して保存したものは、

画像自体のサイズがかなり小さくなります。

 

画像サイズが小さい場合、

どんなに雰囲気の良い画像だったとしても

ブログのヘッダーや動画などには単独では使えない場合があります。

 

※ なぜ画像サイズが小さいとダメなのか…

画像サイズが大きなものを小さく絞ることは問題なく使えますが、

画像サイズが小さなものを大きく伸ばすとボヤけます。

それゆえ、使うことができません。

複数枚合成で別画像を作成すれば、なんとか使えますが…

 

この「携帯に保存・携帯のアプリで編集すると、画像サイズが小さくなる」ということは

必ず覚えておいてください。

 

この問題は、常にWEB作業を委託する場合の揉める原因になります。

 

iPhoneやスマホ画像でも大丈夫なもの、

サイズが小さすぎて使えないもの、

その区別を理解し、なるべく揉めないようにしてくださいね。

 

 

撮影・スタイリング技術が、あなたの売上や集客を左右する

 

 

ハンドメイド・フラワー・アートなどの方は、

画像が命です。

 

画像のでき次第で、売上や集客にかなり影響があります。

 

そのことを理解した上で、

撮影技術や撮影時のスタイリング技術を学びましょう。

 

ブログやホームページやネットショップなどの画像は、

一眼レフやミラーレスなどで撮影し、

画像サイズの大きなものを使ってください。

 

※ チラシをつくる場合も、画像サイズの大きなものを用意しましょう。

 

そして、どうしても明るさなどを調整したいのであれば、

一旦PCの中にとりこんで、PCに内蔵されているの画像編集ソフトで加工しましょう。

 

iPhoneやスマホに移して加工すると

上記で説明したように、画像サイズが小さくなり使えなくなるので注意してください。

 

PCが苦手な方ほど「iPhone(スマホ)ではダメなんですか?」と

少々キレ気味でお尋ねになりますが…(笑)

 

あなたの作品が売れたり、

あなたのお教室に生徒が増えるかに、とても影響のある画像です。

 

必要スキルですので、覚悟を決めて撮影技術とスタイリング技術を学びましょう。

それがあなたのためになると断言いたします。

 

 

記事を気に入ったらシェアをしてね

 

▼▼ メルマガでは、もっと詳しく書いています ▼▼